人生は競馬と共に

中央競馬の新馬戦・重賞を中心に、競馬について気ままに書いていきます。

2018年日本ダービーの予想 結局好きな馬で。

f:id:umassy:20180205001616j:plain
おはようございます、umassyです。

昨日は京都競馬場で新設重賞の葵Sが行われましたが、記念すべき第1回を制したのは9番人気の伏兵ゴールドクイーン。見事な逃げ切り勝ちでした。
そして、同着になった2着は、2番手から粘り込んだラブカンプーに上がり33.2秒でよく追い込んだ私の本命馬トゥラベスーラ。

・・・誰でしょう、「外差し馬場」とか言ってたバカは(笑)。

本当に酷い予想で参考にされた方は申し訳ないとしか言いようがないわけですが、気を取り直して今日はいよいよ日本ダービー。

twitterのタイムラインにも現地からの投稿がちらほら見られますが、徹夜組も例年以上に多いようで、1Rからダービーデイ恒例の大歓声の中、大いに盛り上がっているようですね。
生観戦される方が羨ましい限りですが、今日も熱くなりそうですので、くれぐれも熱中症とビールの飲み過ぎに気を付けてお楽しみ下さい。

 

それでは、早速その日本ダービーの予想と、目黒記念含めその他のおまけレースの予想に参りましょう。

日本ダービー2018 予想

現時点での単勝オッズ

f:id:umassy:20180527094332p:plain

今日は特別版ということで、全馬の単勝オッズと過去20年の枠順別データを。
なんか、ひと目見ていびつなオッズだなぁという印象を受けますね。

一応GⅠ馬で好データの1枠に入ったタイムフライヤーが86.9倍、皐月賞をあんなにぶっちぎって勝ったエポカドーロが5番人気10.4倍、2着のサンリヴァルが大外とは言え86.5倍。

じゃあその辺狙えばいいのか、というと私もその辺りは今回消しだったりするんですよねぇ(笑)・・・
こういう偏った人気の時は盲点になっていた馬が飛び込んできたりしがちなので心配ですが、オッズつかなくても現時点の人気上位で決まってほしいなぁ(もっと言えばレースまでに人気がもうちょい分散してくれれば良いなぁ)というのが個人的な願いです。

展開

皐月賞で超ハイペースを演出したアイトーン、ジェネラーレウーノ、ジュンバルロの中でダービーに出ているのは⑯ジェネラーレウーノのみ。
ステイフーリッシュもノリさんなら前には行かないでしょうし、さすがにあんなハイペースにはならないでしょう。

ただし、そのジェネラーレウーノに、皐月賞では「実質スローペースの逃げ」状態だった⑫エポカドーロ、その後ろにつけていた⑱サンリヴァルと3頭が前に行きますし、①ダノンプレミアムが今までと同じようにこの距離でも先行していくようなら、それをマークする馬も出てくるでしょうから去年のようなスローになることも無いと見ています。

馬群の中でも競馬ができる⑧ブラストワンピースは先行馬の直後くらいまで出していってインに潜り込んで、キタノコマンドール、グレイル、ステルヴィオ、ワグネリアンは前走同様後方で同じようなポジションと予想します。

ワグネリアンは、ある程度前半出していって内に入りたいみたいなコメントを調教師が出していますが、多分やらない(できない)と思います。

予想・買い目

◎ ⑰ワグネリアン
○ ⑧ブラストワンピース
▲ ①ダノンプレミアム
△ ⑤キタノコマンドール
  ⑬グレイル
  ⑮ステルヴィオ
馬連  ①⑧⑰BOX
    ⑰-⑤⑬⑮ 流し 

コメント

本命は皐月賞と同じで、⑰ワグネリアン。
タイトルにも書きましたが、やはりダービーですから好きな馬を本命にしました。

ただ、枠順を除けば決して無謀な狙いでは無いと考えています。
皐月賞時にも触れていましたが、あの時は調教パターンがガラッと変わっており、1週前・直前とも追い切りが非常に軽かった。
その理由は、なにか狙いが合ったのか、馬体の維持に苦労していたのか、そもそも皐月賞は最初から捨てていたのか。

本当のところは我々一般のファンには知る由もありませんが、はっきりしているのは今回は本来の調教過程に戻してきたということ。
1週前にしっかり長めからコースで好時計を出して、直前は坂路で軽め。

皐月賞では道中全く同じポジションにいた4頭が届かず4~7着で、その中ではワグネリアンが上がりの時計も着差もやや置かれてしまったわけですが、直線半ばで早々に追うのを諦めていたように、そもそも力を出し切っていなかったのは明らかです。

かなり願望が入っていますが、本来の走りができれば、順調さを欠いたダノンを逆転できるのではないかと考えています。

対抗は⑧ブラストワンピースで、枠順が出たあとは頭までありそうなこちらを本命にすべきか相当悩みました。
ゆりかもめ賞の時にも「これは大変な馬が出てきたなぁ」と思いましたが、先行して内ラチにぶつかりながら上がり33.9秒で完勝した毎日杯の内容も素晴らしく、インで競馬ができるというのもフルゲートのダービーでは大きなアドバンテージ。

ダノンプレミアムにアクシデントがあったこともあり、個人的にはこの馬が1番人気になるのかと思っていたのですが、単勝5.5倍というのは終わってみたら美味しすぎたということになるかもしれません。

 

順調さを欠きましたが、絶好の枠を引いたこともあり①ダノンプレミアムはこれ以上評価を落とせませんね。
ステルヴィオやワグネリアンを子供扱いしてきたことを持ち出すまでもなく、能力だけなら頭2つ3つ抜けた存在。

ただ、もともと皐月賞ほどは盤石じゃないと見られていたダービーの大舞台で、久々になってしまって、なおかつ圧倒的1番人気というのは関係者にとっては嫌で嫌で堪らないでしょうね・・・

今後、日本を代表する厩舎のひとつになるであろう(というより、既になっているという表現が適切でしょうか)中内田厩舎ですが、(たぶん)ダービー初出走であっさり勝てるほど甘くはないだろうというのもありますし、頭は無いかなという気がしています。

5%上乗せされる馬連で、この3頭のBOXが大本線で、あとは押さえ。
皐月賞で差し届かなかった組の⑤キタノコマンドール、⑮ステルヴィオに、⑬グレイルも人気がないので押さえておきます。

ただ、グレイルに関してはハーツクライ産駒らしく良くなるのはまだ先なのかなという印象で、ダービーではあまり無理してほしくないかなとも思っています。

 

消した人気どころでは、⑥ゴーフォザサミットは好枠を引きましたし蛯名騎手にもダービーを勝ってほしいですが、青葉賞馬は買わないと決めているので。
ちょうどオブセッションの残念な訃報が飛び込んできたばかりですが、あのクラスの馬でも3着がやっとのローテですから、流石に厳しいでしょう。

エポカドーロは、やはり皐月賞組では恵まれたクチでここでは軽視したいので(決して人気薄というわけではないですし)無印で、ジェネラーレウーノも状態含め魅力的ですが、スクリーンヒーロー産駒で皐月賞はタフさが活きた形でしたから、今回は良さが出ないと見てこれも無印。

馬券は、上記の馬連に、遊びで3連系も買うと思いますが、3着欄にはスケベ枠で②、③辺りも入れておきたいですね。
馬連①ー⑧が保険になるので、私にしては上手な馬券の買い方なんじゃないかと思うのですが如何でしょう(笑)。

いずれにしても、頑張れワグネリアン。

その他注目馬・注目レース

東京5R 3歳500万下 ダ1600

⑤ゴライアス

もういい加減しつこいよ、と言われそうですがルヴァンスレーヴ新馬戦の3着馬ですね。単勝1倍台と思いますが、さすがにここはボウマン騎手で必勝体制でしょう。
相手は一応同じ新馬戦組の②ロージズキング、偶数番ゲートで④レンジストライク、力は上なはずの⑫ヴェルトゥアルに穴っぽい所で⑥グリズリダンス。

 

京都7R 4歳以上500万下 ダ1400m

⑪ブリッジオーヴァー

ロンドンブリッジ産駒ですね。
デビューが遅く、ちょうど1年ほど前だったのですが、あっさり地方に移籍して、またまたあっさり3戦3勝で再転入した形です。

この手の馬を狙うには初戦から、が定石と思っているのですが、普通に人気しちゃってますねぇ・・・
これなら逆に嫌っても面白いかもしれませんが、初志貫徹で。
古馬の条件戦はよく分からないので単勝1点。

 

東京8R 青嵐賞 4歳以上1000万下 芝2400m

◎ ④ムイトオブリガード
○ ②スマートルビー
▲ ①マイネルクラフト
☆ ⑤コールストーム
△ ⑧、⑩、⑬

ただ単にダービーと同じ距離というだけですね。
条件戦ですし過去データを見ても結構荒れていますが、内目の先行馬でルメール騎手ですから④ムイトオブリガードで軸は堅いでしょう。

展開が難しいですが、基本内枠中心で、逃げた時の武豊騎手が穴候補でしょうか。馬連で。

 

東京12R 目黒記念

◎ ⑧パフォーマプロミス
○ ⑤サウンズオブアース
▲ ②ゼーヴィント
△ ①ホウオウドリーム
  ④ノーブルマーズ
  ⑬コウキチョウサン
  ⑮リッジマン

馬連 ②⑤⑧ BOX
   ⑧-①④⑬⑮ 流し

個人的にこの条件はあまり得意ではないですし、ダービーのあとの最終レースというのも興味が沸かず、全くやる気のない予想です。

そもそも「この馬は目黒記念が目標です」なんて馬はいるわけがなく、そこも難しいポイントかなと思うのですが、休み明けでしっかり仕上げてきているように映る⑧パフォーマプロミスは比較的それに該当するのではないでしょうか。
ギリギリ(大きく2つに分ければ)内目を引きましたし、ステゴ産駒でミルコ騎手ですから、軸には最適ではないでしょうか。

相手は⑤サウンズオブアースで、これはボウマン騎手という以上の理由はないです。

前走が案外でもしかしたらあまり強くないのかも、という疑念がよぎり始めていますが、個人的にはかなり評価している②ゼーヴィントが内枠を引きましたので、改めて期待の▲。
以下、印の通りでチェスナットコートは天皇賞激走後でどうかというのと、人気的に買っても仕方がないので無印にしてしまいました。
フェイムゲームも外ですし59キロなので、やはり来ない方に張りたいと思います。

 

ということで、せっかくの競馬の祭典。

とにかく全馬無事で、世代の頂点を決める好レースを!

 

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。