人生は競馬と共に

中央競馬の新馬戦・重賞を中心に、競馬について気ままに書いていきます。

【新馬戦データ】2018年12月末時点①騎手関係データ 本年もよろしく御願い致します。 

f:id:umassy:20180809064631j:plain

皆様、明けましておめでとう御座います。
年末から年明けにかけては家族と過ごしつつ、昼からお酒を飲んでとのんびり過ごさせて頂いているumassyです。

2018年最後のGⅠ、東京大賞典ではまたも3歳馬のオメガパフュームがGⅠ初勝利を飾り、前日のホープフルSに続く「デム・ルメ」決着。
ケイティブレイブ本命で馬券を外してしまったのもあり、結局大晦日まで重賞レースを買ってしまったのですが・・・30日の東京シンデレラマイルが堅い決着でトリガミ、31日の東京2歳優駿牝馬で三連複万馬券的中と、何とか3日間をプラス収支で気持ち良く年越しすることが出来ました。

とらじろさんも仰っていましたが、今シーズンはとにかく新馬戦が難しい気がしていて予想の方も不調極まりないのですが、2019年の2歳世代では巻き返すべく頑張りたいですね。
今週末からの3歳新馬戦は・・・頑張りますが多分無理です(笑)。

f:id:umassy:20190102070204p:plain

一応、今回も今シーズンの予想印別成績を出してみましたが・・・個人的に重視している複勝率・複回値はそこまで悪くないのですね。
ただ、色々振り返って見るとノーマークの穴馬に走られてしまったり、本命馬が馬券圏内に来ないのは仕方ないとしても全く見せ場すらなかったりと印象が悪いレースが多いので、そういうのを少なくしなければなぁという感じです。


いずれにしても、新馬戦の予想成績をもう少し上げること。
馬券的には未勝利戦など他の2歳戦・3歳戦でしっかり稼げるようにすること。
(せっかく頑張ってるので・・・)複コロももう少し精度を高めて年間プラス収支を目指すこと。


あまり新年の目標的なものは立てないタイプなのですが、今年頑張りたいこととしてはこんなところでしょうか。
まぁ長く楽しく、続けられる事が一番かなと思いますので、本年もumassyと当ブログをどうぞよろしく御願い致します。

今日の記事については新年のご挨拶をすることが一番の目的ではあるのですが、せっかくですので最近サボっていた今シーズンの新馬戦データまとめを。
今日は騎手ランキングだけ軽く眺める感じにしたいと思います。

 

<対象データ>

  • 2018年6月2日~2018年12月28日
  • 芝177レース、ダート57レース
  • 芝2300頭、ダート829頭

新馬戦騎手データ(2018年6月~12月)

新馬戦リーディングジョッキー

f:id:umassy:20190101204544p:plain

もう、これは2018年下半期の勢いそのままという印象ですね。
ルメール騎手とデムーロ騎手との差がここまで付いたのは初めてで、勝ち鞍はルメール騎手が2位のミルコ騎手に7勝差をつけて独走状態です。
私が分類している「第2フェーズ」(9月の中山・阪神開催以降)開始後に19勝と、同時期8勝のミルコはかなり水を開けられてしまいました。

ただ、今シーズンも勝率・単回値ではルメール騎手を上回っていますし、12月はGⅠ4勝と調子も上向きですから、今後に期待ですね。

3位のモレイラはまぁ置いておくとして・・・4位に頑張っている福永騎手はやはり流石と評価すべきなのでしょうか。
上位の外国人ジョッキーと比べれば馬質は下がる上にどうしても「新馬戦=福永騎手」というのは一般のファンにも浸透していて過剰人気もしやすいのですが、乗っている数も多いですので、取捨に悩むジョッキーの一人でもありますね。

f:id:umassy:20190102045535p:plain

ちょこっとだけご紹介すると、「牡馬・芝」でソートするとこんな感じになります。
福永騎手というと牝馬の印象が強いかもしれませんが、新馬戦に関しては牡馬の方が買えるというのがここ2~3年のデータとして出ているようですね。
ちなみに、今年の単回値はブレイキングドーンで跳ね上がっていますので参考程度で。。。

それ以外は色々なジョッキーが平均的に勝っている印象の今シーズンですが、上位で今年好調なのは5位に入っている三浦皇成騎手ですね。
数はまだ少ないのですがノーザン系馬主の馬に乗った時も結果を出していますし、ダートでも買えるジョッキーですので今シーズン残りでどこまで伸ばせるか、注視してみたいところです。

あとは北村友一騎手、藤岡佑介騎手など最近活躍が目立つジョッキーはやはりこのランキングにも顔を出してきているなぁという印象なのと、戸崎騎手は相変わらず苦しい状況が続いていますね。
ただ、今の馬質を考えればこれでも頑張っている方というか・・・以前データをご紹介しましたが、今シーズンはノーザン系馬主の馬にほとんど乗せてもらっていない状況ですので、今後も厳しいかなと思います。

 

 

ということで、このテーマはあまり需要も無いかなと思いますのでさらっとランキングを眺めるだけで終わりたいと思います。

今週、出来れば種牡馬データもご紹介してから週末の競馬に臨みたいと思っていますので、、、

改めまして、本年もどうぞよろしく御願い致します。

 

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。